スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バディの証言~不知火編~

秘境の不知火

皆様ご無沙汰しております…私は不知火(しらぬい)。
「ミラージュロック」という種族にございます。
主のバディとして長くお努め致しております。

…いえ、長くと申しましても、
主にとっては二代目にあたるミラージュロックです。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
私は卵から孵化し、初代の力を受け継ぎました。


あのパーガトリー・ギータとかいう赤いの…おっと、
炫火(かぎろひ)殿は攻撃面に特化していたようですが、
私は主に、傍にて補助を役目としております。





様々な場所へ、様々な戦いへ…
主と、そして主の友と共に赴きました。

それも終わりを迎えようとしています。
オラディアが、世界が眠りにつくのだと…主は言いました。

竜の墓標の前で



そして、目覚める時は共に、とも…。

不知火を撫でる

不知火がすり寄る


わざわざ返事など致しません。

卵から孵化したその瞬間から、私は主のバディなのですから。



不知火と飛ぶ

……そんな事、言って差し上げませんけれど。ね?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。